Monthly Archives: 7月 2020

朝のお肌のお手入れは怠らない

基本的に朝は時間に余裕がないので、お肌のケアに時間をかけられない人も多くあると考えます。朝の一分ってすごく貴重ですよね。でも、朝のお肌お手入れを手を抜いてしまうと、ゲンキな肌で一日を保つことができなくなるのです。楽しい一日を過ごすためにも、朝のお肌のお手入れは怠らないようにしましょう。

一旦お肌に出来てしまったシミなどのトラブルは、消すことはとても難しい事だとたくさんの人が考えているようですが、それはあくまで、家庭でのスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)に限った話です。目立つシミは美容クリニックでレーザーを使う事で即消すことが出来るでしょう。

当然、費用も必要ですし治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)した後もケアが必要ですが、シミのせいで前向きな気持ちになれないのだったら勇気を出して、クリニックでの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)をうけてみてもいいと思います。肌が敏感なので、ファンデーションセレクトには気を使います。刺激が大きいものだと細かい発疹が出来てしまい、立ちどころに痒くなるのです。ですので、是非カウンターでサンプルをもらってテストしてから購入するようにしています。

直近にかったクリームファンデーションは肌に一致しているようですが、これからもしっかりと検分してお金を払いたいと思います。

顔にできるシワやくすみの要因の中で最も影響力が大きいのは乾燥でしょう。表面の乾燥がつづくと皮膚の深い部分の潤いが保持できなくなり、リフティング機能が低下して、たるみやしわとなって表れてきます。

まぶたから目尻、目の下にかけては皮脂の分泌が少ないため乾燥によるダメージを直接うけるので、小皺ができやすい部分と言えるでしょう。年齢と一緒にヒアルロン酸やコラーゲンも減少するので全体的に毛穴が目立ってきたり、シワやたるみが表れやすくなり、それなりの対策が必要になってきますね。

この数年間、肌に刻み込まれつつあるしわについてすごく深刻に気になってます。

内心特に何とかしたい気持ちでいっぱいなのは笑いじわで、目尻にできるアレです。そもそも目の周りは皮膚が薄く、元々しわはできやすい場所で、スキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)もしっかり施しているわけですが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。そこで、クリームを塗り重ねたりして、保湿にはとにかく気を使うことをこだわっています。この季節のお肌の乾燥を防ぐためには、洗浄力控えめで、刺激の少ないクレンジング剤を使うようにします。落ちにくいところは別の専用リムーバーを使い、お肌を傷つけないようにして下さい。洗顔もゴシゴシと擦らないように注意しなくてはいけません。

キメの細かい泡を作って丁寧に洗い、ぬるま湯で十分に流すようにしましょう。当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。

この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、目の下に横たわるクマとかほうれい線がなんだか急に存在感を大きくしてきた気がします。こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、適切にケアしてやれば次の日の朝にはゲンキになっていたと思うのですけど、38歳以降にはもうお肌の調子が整うまで、すごく時間がかかってしまい、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。

頻繁に顔を洗ってお肌の皮脂が常に足りない状態になると、足りない皮脂を埋めようとよりたくさん分泌しようとするのです。洗顔のしすぎで乾燥状態にもなり、一段と多くの皮脂を、分泌してしまいますから、洗顔は適度を守るようにして下さい。洗顔の後は化粧水でたっぷりと水分補給を忘れずに行っていくことが大事です。

アトピーを治したい人は、肌が敏感な人用の天然成分だけでできているようなスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)用品を使うといいでしょう。

元々、アトピーは塩水によって治すことが可能であるという説もあり、浴槽のお湯に塩を入れたり、夏は海で頻繁に海水浴をすると状態が多少よくなるといわれています。しかし、実は、アトピーの箇所にはひっかいた傷があることが殆どで、塩水だと大変しみてしまうのがネックです。女性の喫煙者の数は、男性にくらべると減りが鈍いそうです。きれいな肌というのは本来、毛細血管による活発な代謝が行なわれている状態ですが、喫煙により毛細血管が収縮すると肌細胞の維もと再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。表皮は普段バリア役として乾燥や刺激から肌を守っています。

その能力が落ちるともっと深い部分(真皮)まで衰えが生じ、たるみが生じてシワやしみが増えてきます。

ダイエットの反動などで喫煙が習慣化した人もいるようですが、「キレイ」のために喫煙は辞めるようにしましょう。